貞明公主!結婚式での有名なエピソード

幸せだった貞明公主

果たして、仁祖はどういう態度を取ったのか。
彼は、仁穆王后の独断を不問に付した。
仁祖とて、勝手に御乗馬を使われて面白いはずがなかった。
しかし、仁祖が光海君を追放するために起こしたクーデターに大義名分を与えてくれたのが、まさに仁穆王后だった。




彼女がいるから、仁祖は正統性な王になれたのである。
それだけに、仁穆王后を処罰すると、自分の王位も傷つく。そこで、仁祖はこの一件をなにごともなかったかのように終わらせた。
いずれにしても、朝鮮王朝時代に王女と結婚した新郎はたくさんいるが、御乗馬に乗ったのは洪柱元だけ。そんな新郎に迎えられて、貞明公主はどれほど幸せな気分を味わったことだろうか。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1

綾陽君(ヌンヤングン)/仁祖(インジョ)の生涯〔前編〕

流刑地の済州島で世を去った光海君(クァンヘグン)

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ページ上部へ戻る