貞明公主!結婚式での有名なエピソード

重臣たちの反発

ドラマ『華政(ファジョン)』では、反乱の最中であったために貞明公主の結婚式は実に質素に行なわれたが、この点は史実とまったく違う。
なにしろ、御乗馬が使われたほど豪華絢爛だったのだ。
しかし、あとで大問題になった。
仁穆王后が御乗馬を娘の結婚式に使ったことが重臣たちの間で取り沙汰された。




王ではなく、ただの御曹司にすぎない洪柱元が御乗馬に乗ったのである。
「不敬罪だ」
「処罰にあたいする」
「前代未聞だ」
このように重臣たちは騒いだ。

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1

綾陽君(ヌンヤングン)/仁祖(インジョ)の生涯〔前編〕

流刑地の済州島で世を去った光海君(クァンヘグン)

ページ:
1 2

3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る