貞明公主!結婚式での有名なエピソード

盛大だった結婚式

朝鮮王朝時代、国王が乗る馬のことを「御乗馬(オスンマ)」と呼んだ。
唯一無二の特別な馬である。
この御乗馬が町に出たとき、たとえ王が乗っていなくても、民衆は御乗馬に向かって頭を下げて礼を示さなければならなかった。
それほど重要な御乗馬を、なんと仁穆王后は貞明公主の結婚式に使ったのである。




当時の結婚式では、新郎が馬に乗って新婦の家に駆けつける習慣があった。当然ながら、洪柱元も馬に乗って王宮に出向いていくわけだが、仁穆王后の命令で、その馬に御乗馬が割り当てられた。
こうした例が代表するように、貞明公主の結婚式は盛大に行なわれた。

貞明公主はどんな性格の王女だったのか

光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1

綾陽君(ヌンヤングン)/仁祖(インジョ)の生涯〔前編〕

流刑地の済州島で世を去った光海君(クァンヘグン)

ページ:
1

2

3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る