光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1

安定しない王の座

仁穆王后も自分の息子を王にしたかったのが、永昌大君は当時まだ2歳だったため、それは無理だった。
やむなく、光海君を王として即位させた。
こうして15代王となった光海君だが、彼を支持する大北(テブク)派の人たちは、「王になったからといって立場が安定したわけではない」と危機感を募らせる。




その理由は、兄の臨海君や異母弟の永昌大君が王の座を狙ってくる可能性があると思っていたからだ。
大北派にとって、地位を揺るがす恐れのある臨海君が邪魔だった。彼がいることによって、光海君の王位が中国の明になかなか認められなかった。

文=康 大地(コウ ダイチ)

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

流刑地の済州島で世を去った光海君(クァンヘグン)

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

ページ:
1 2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る