綾陽君(ヌンヤングン)/仁祖(インジョ)の生涯〔後編〕

アワビ毒物事件

調べれば調べるほど、司憲府は李馨益に強い疑いを持った。そこで、本格的な調査に乗り出したのだが、急に上からストップがかかった。
「李馨益の取り調べはまかりならぬ」
こう命令したのは、なんと仁祖自身だった。
なぜ彼は疑惑の人物をかばったのか。
その黒幕が、仁祖と趙氏だったからではないのか。
かくして、昭顕の死の真相はうやむやになってしまった。
それでも、妻の姜氏は真相を知ろうと協力者を集めた。そんな動きが仁祖と趙氏を刺激した。
事件が起こったのは、1646年1月3日のことだ。王の食膳に揃えられた料理の1つから毒物が発見されたのだ。
その料理とは、アワビの焼き物だった。




誰が毒物を料理に盛ったのか。
徹底的な捜査が行なわれ、容疑者にされてしまったのが姜氏だった。
姜氏に付いている女官が何人も拷問にかけられ、その内の1人が耐えかねて、姜氏の関与をほのめかした。
それを根拠にして、仁祖は姜氏に死罪を命じた。
しかし、高官たちから反対意見が続出した。
「姜氏が毒を盛るはずがありません」
誰の目から見ても、姜氏の無実が明らかだったのだ。
これは作られた冤罪であった。
裏で趙氏が暗躍していたに違いない。(ページ3に続く)

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

仁祖(インジョ)!最大の屈辱を受けた王

ページ:
1

2

3 4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る