光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(後編)

 

ついに、光海君の廃位という知らせを聞いた仁穆王后。あれほど願った復讐が成就したのだ。いや、まだ復讐が残っていた。それは、憎き光海君の首をはねることだった。そのことを仁穆王后は綾陽君(ヌンヤングン)に執拗に要請した。

綾陽君は西宮(現在の徳寿宮)の中庭で仁穆王后から光海君の斬首を要請された

綾陽君は西宮(現在の徳寿宮)の中庭で仁穆王后から光海君の斬首を要請された

逃亡して捕まった光海君

仁穆王后は綾陽君に言った。
「皆のおかげで、朝廷に安定が戻り、怨みも晴らせた。こんなに感激することが他にあろうか。ただ気になるのは、逆魁(ヨククェ/光海君のこと)の父子が今どこにいるかということだ」




「王宮にいます」と綾陽君は答えた。逃亡して捕まった光海君は、王宮に軟禁されていたのだ。
その瞬間、仁穆王后は感情をあらわにした。
「同じ空の下で一緒に住むことができない仇(かたき)だ。長く耐えてきたが、私が直接彼らの首を斬り落としたい」(ページ2に続く)

仁祖(インジョ)!最大の屈辱を受けた王

光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

光海君(クァンヘグン)!暴君の汚名を着せられた隠れた名君

仁穆(インモク)王后!光海君への復讐に燃えた王妃

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る