敬恵〔キョンヘ〕王女!朝鮮王朝一の美貌を誇った王女

復讐を恐れた世祖

1457年、自分に反抗する者が次々と現れる原因を「端宗が生きているからだ」と思った世祖は、甥の端宗を流罪にしたうえで死罪に処した。弟の死の知らせを受けた敬恵王女の悲しみはあまりにも深かった。
しかし、敬恵王女のお腹には新しい命が宿っていたため、ずっと悲しんでいるわけにはいかなかった。彼女は「どんな辛い出来事が起きようとも、生き延びなければいけない」と思った。
敬恵王女の妊娠を警戒していた世祖は、復讐を恐れてこんな命令を出した。
「もし生まれてきた子供が男の子だったらすぐに殺せ」
それを知った正室の貞熹(チョンヒ)王后は、文宗の血筋を途絶えさせたくないという思いから、内官(ネグァン/王や王妃の身の回りの世話をする官吏のこと)を呼んで、「男の子が産まれたら私のところへ連れてきなさい」と違う命令を出した。




敬恵王女が産んだ子供は男の子だった。彼女は世祖が「男なら殺せ」、貞熹王后が「男なら私のもとへ連れてきてほしい」と言っていたと内官から伝えられた。本当なら自分の手で育てたかったはずだが、敬恵王女は「我が子の命を守らなければならない」と思い、息子を貞熹王后に預けた。
そんな辛い経験をした敬恵王女をさらなる悲劇が襲う。外部との接触を禁じられていた夫の鄭悰が、世祖に対抗する勢力と接触していたことが明らかになり、一番残酷な方法で処刑されてしまった。それは、頭、胴体、手足を切断する方法で、陵遲處斬(ヌンチチョチャム)の刑と呼ばれている。
その処刑法で死罪になった男の妻は奴婢になる決まりがあり、敬恵王女は身分を最下層の奴婢にまで落とされてしまう。
「恥をさらすくらいなら」と自決することを考えた敬恵王女だが、彼女は再びお腹に子供を宿していて、その子を守るために生きる道を選ばざるを得なかった。
敬恵王女は奴婢になっても決して自尊心を失わず、こき使われたときは「私は王の娘である」と言い放ったのである。そして、やがて彼女は娘を産んだ。(ページ4に続く)

チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか
https://goo.gl/h2GMkx

初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方
https://goo.gl/Za4BCe

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?
https://goo.gl/Ff3ssb

淑嬪崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女物語2
https://goo.gl/oAuy2M

張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝美女物語4
https://goo.gl/7Bh5QF

ページ:
1 2

3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る