元敬〔ウォンギョン〕王后!正室として夫を支えた王妃

寂しい晩年を過ごした王妃

太宗は、王の後継者の母親である元敬王后を廃妃にしてしまうと、朝鮮王朝に多大な影響が及ぶと思って元敬王后を廃妃にしなかったのである。
こうして廃妃をまぬがれた彼女をさらなる悲しみが襲う。四男の誠寧が14歳という若さで世を去ってしまったのである。彼女は息子の死を深く悲しんだ。




元敬王后にとって唯一の救いは、三男の忠寧が1418年に4代王・世宗(セジョン)として即位したことだ。彼女は、それを喜んだが2年後の1420年に亡くなった。享年は55歳であった。
夫の太宗は非情であったが、朝鮮王朝の基盤を作った。息子の世宗は最高の名君と評された。それもすべて、元敬王后の犠牲の上に実現したのかもしれない。

文=康 大地(コウ ダイチ)
提供=「ロコレ」

イ・バンウォン/李芳遠は妻の元敬(ウォンギョン)王后の一族を滅ぼした

イ・バンウォン/李芳遠はどんな人物だったのか?

イ・バンウォン/李芳遠は継母の神徳(シンドク)王后を一番憎んだ!

元敬王后(ウォンギョンワンフ)の悲しみ!朝鮮王朝王妃側室物語2

https://goo.gl/xu2KMi

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る