端宗(タンジョン)!叔父に王の座を奪われた国王

朝鮮王朝人物列伝/第27回

端宗(タンジョン)は、叔父である首陽大君(スヤンデグン)に王の座を奪われた人物だ。彼は在位期間が短すぎて王として特に目立った功績を残していない。そんな端宗の歴史は、悲劇と言えるものだった。

HTJbX6y4epXj2tM1470205109_1470205180

幼い王の誕生

5代王・文宗(ムンジョン)は、4代王・世宗(セジョン)の後を継いで王となったが、病弱だったため、即位から2年後の1452年に世を去ってしまう。その文定の息子が後を継いで6代王・端宗となった。当時、まだ11歳と幼かった端宗は、自分で政治を行なうことができなかったので、異民族の侵攻から国土を守った英雄の金宗瑞(キム・ジョンソ)と、義を守る忠臣として頼れる皇甫仁(ファンボ・イン)の2人が補佐役として彼を支えた。




しかし、強い野心を持って王の座を狙っていた端宗の叔父(文宗の弟)である首陽大君は、その2人を「若い王の補佐となっていること理由に、権力を独占している」と思っていた。
金宗瑞や皇甫仁に不満を抱いている人物は他にもいて、首陽大君はそういった人物を集めていった。その中心となったのが、韓明澮(ハン・ミョンフェ)と申叔舟(シン・スクチュ)である。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る