流刑地の済州島で世を去った光海君(クァンヘグン)

 

朝鮮王朝が実施した流刑は、罪の軽重によって流配地を決定するというものだった。つまり、重い罪を負うほど漢陽(ハニャン/現在のソウル)から遠い場所に流されたのである。特に、多かったのが朝鮮半島西南部の諸島や済州島(チェジュド)。とりわけ、朝鮮王朝時代に南海の孤島とされた済州島は、最も多くの政治犯が流刑となった島だった。

光海君が流された済州島

光海君が流された済州島

支配階級が恐れた流罪

済州島への流罪は終身刑を意味していた。
生きて再び都に戻ることは皆無に近かったのである。
それゆえに、権力闘争に明け暮れた支配階級の人々は、済州島への流罪をこのうえなく恐れた。
その中の1人が、朝鮮王朝の15代王・光海君(クァンヘグン)だった。




14代王・宣祖(ソンジョ)の側室から生まれた彼は、1608年に即位した。当初は名君という評判もあった。豊臣軍との戦いによって荒廃した国土の復興に尽力し、歴史的に貴重な史籍の編纂にも貢献をした。
しかし、人間は変わる。
特に、長く王位につく者は……。(ページ2に続く)

光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る