簡潔に読む!韓国の歴史〔善徳女王の生涯(後編)〕

 

善徳女王は、新羅(シルラ)の学問振興にも並々ならぬ熱意を見せた。640年には、優秀な学生たちを唐に派遣して、唐の有名な学校に入学させてほしいと頼み込んでいる。この時期、唐は多くの優れた儒教学者を都に集めていたので、新羅から派遣された学生たちは、留学先でさぞかし貴重な学問を積んだことだろう。

DSC_0044

恐ろしいほど勘が鋭い

善徳女王は、王位についている間に神がかり的な鋭さを発揮することが何度もあった。その象徴的な出来事が636年の夏に起こっている。
王宮の西に玉門池という池があったのだが、そこにヒキガエルが大量に群がるようになった。
善徳女王はこの噂を聞いて、その様子を見た。
そのあとで近臣を呼んでこう言った。




「ヒキガエルは、どれも怒ったような目をしているので、兵士の相であるに違いない。我が領土の西南の端に玉門谷という谷がある。ヒキガエルの怒った目から判断すると、そのあたりに必ず敵の兵が潜んでいる」
善徳女王はそう言うと、次に「玉門谷を捜索して、敵がいれば先制攻撃で討ち取れ」と命じた。
新羅の兵が指示された場所に行ってみると、確かに百済の500人ばかりの兵が潜んでいた。
ただし、百済軍は新羅がまだ気付いていないと思って油断していた。
そこで、新羅軍は不意をついて百済軍を襲い、これを全滅させた。善徳女王が気付かなければ、逆に百済軍に襲われて新羅は窮地に陥っていたかもしれない。
機先を制した善徳女王の勘の鋭さは、新羅の勇猛な将軍でさえも恐れおののくほどであった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る