英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)〔第1回/老論派の陰謀〕

始まった「父子の確執」

英祖の命令によって思悼世子が政治の一部を仕切るようになったのは14歳のときだった。このとき、陰で思悼世子を邪魔したのが老論派の重臣たちである。
こうした批判勢力は思悼世子の悪評を英祖の耳に入れた。息子が心配でならない英祖はその度に思悼世子を呼んで叱責するのだが、それがまた父子の確執を生んでしまった。
ただ、思悼世子自身も反省していなかったわけではない。彼は世子としての自分の立場を自覚し、1757年、22歳のときに承政院(スンジョンウォン/王の秘書室)に反省文を提出した。
その内容は次のようなものだった。
「私は不肖の息子であり、がさつで誠実さが足りません。本来なら子として道理をわきまえなくてはならないのに、行き違いがあまりに多かったようです。それは誰の過ちでしょうか? もちろん、不肖の息子の過ちです。ようやく、自分の至らなさに気がつきました。心から後悔している次第です。今後は、自らを叱りつけて、過ちを正し、気質を変えていこうと思います。もし、このことを実行できずに過去と同じであったならば、それは私の過ちがさらにひどくなるだけです。王朝のすべての臣下たちよ、私の意思をそのまま受け取り、正しい道に導いてください。それが私の願いです」
この反省文は英祖のもとにも届けられた。
彼もよほどうれしかったようで、次のような感想をもらした。
「とても感心なことだ。まるで地上に昇ってきた太陽を見るような思いだ。早く世に知らせ、改心したことを公にせよ」(ページ4に続く)

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)〔第2回/告発された世子〕

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

ページ:
1 2

3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る