朝鮮王朝三大悪女より性悪だった最悪の側室とは?

 

朝鮮王朝の3大悪女といえば、張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)のことだが、この3人より性格がワルだったと言える側室がいた。果たして、その側室とは?




王と世子の対立

16代王の仁祖(インジョ)は、1637年1月に清の皇帝の前で屈辱的な謝罪をさせられた。さらに、息子3人が人質として清に取られてしまった。
そんな傷心の仁祖が王宮で寵愛したのが側室の貴人(キイン)・趙(チョ)氏だった。彼女はほどなく仁祖の王女を出産している。
この時点で仁祖は最初の王妃だった仁烈(インニョル)王后に先立たれている。
貴人・趙氏に入れ込んだ仁祖は、再婚する気配をまるで見せなかった。しかし、王がいつまでも独身でいるわけにもいかない。
彼は1638年に荘烈(チャンニョル)王后と再婚した。
残念ながら、荘烈王后は王宮の中で不遇の日々を過ごした。彼女は王の愛を得られず、側室の貴人・趙氏にすらいじめられたからだ。
誠に不幸な王妃であった。それも貴人・趙氏の陰湿なやり方が影響していた。
なにしろ、貴人・趙氏は仁祖の王子も産み、図に乗って横暴を繰り返すようになった。さらに、彼女の悪事が王朝を揺るがす事態になった。




それは、清の人質になっていた昭顕(ソヒョン)世子が8年ぶりに帰国した1645年の出来事だった。
仁祖と昭顕世子が対立したのが発端だ。仁祖は清を憎悪して復讐を誓っていたが、昭顕世子は人質生活を送った清の文明に感化されていたのだ。
対立が決定的になった直後に、昭顕世子は急死してしまった。
あまりに突然だったが、毒殺されたという疑いが出た。というのは、貴人・趙氏の実家に出入りしていた医官が昭顕世子に毒の鍼(はり)を打った可能性が極めて高いのだ。
(ページ2に続く)

仁祖(インジョ)の裏で暗躍した貴人(キイン)・趙氏(チョシ)!

仁祖(インジョ)は屈辱で人が変わった/朝鮮王朝人物列伝特選3

光海君(クァンヘグン)への恨みを晴らした仁祖(インジョ)の復讐劇!

光海君(クァンヘグン)を廃位にした仁祖(インジョ)に正当性はあるのか

仁穆(インモク)王后は仁祖(インジョ)に光海君(クァンヘグン)の斬首を主張!

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る