世祖(セジョ)と「死六臣」の対決

 

朝鮮王朝を揺るがす大事件が起こったのは1453年10月10日でした。この日、首陽大君(スヤンデグン)が金宗瑞(キム・ジョンソ)の屋敷を急に訪問し、隙をついて金宗瑞を襲って排除しました。

政権が一夜で転覆

首陽大君は端宗(タンジョン)のところに急行し、「金宗瑞が謀反を企てたので倒しました。ほかに謀反に加わった者たちを呼び出したいので王命を発して招集してください」と迫りました。
気弱な端宗は有力な後見人を失い、首陽大君の言いなりなってしまいます。身の危険も感じたのでしょう。このままでは殺されるとおびえた端宗は、「叔父さん、私を生かしてください」と言ったと伝えられています。
結局、端宗は脅しに屈する形で高官を全員呼び出す王命を発し、首陽大君は、1人ずつしか通れない狭い門からみんなが入ってくるように仕向けます。そのうえで、味方はそのまま入れて、反対派はその場で撲殺しました。
こうして一夜にしてクーデターが成功します。朝鮮王朝の歴史の中でも、政権が一夜で転覆した稀有な例ということになります。




政敵をすべて排除した首陽大君は政権の要職を独り占めし、真綿で首をしめるように端宗を追い詰めます。堪えきれなくなった端宗は、1455年についに王位を首陽大君に譲ります。
(ページ2に続く)

甥の端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)の悲劇とは?

『不滅の恋人』のイ・ガンのモデルは首陽大君(スヤンデグン/世祖〔セジョ〕)!

首陽大君(スヤンテグン)〔世祖(セジョ)〕が開いた秘密会議!

世祖(セジョ)の非道!朝鮮王朝の重大な事件簿2

安平大君(アンピョンデグン)と対立した首陽大君(スヤンデグン)は何をしたか?

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る