光海君(クァンヘグン)の正室・柳氏(ユシ)の不運な人生!

 

自分より8歳も若い女性が母となったら、どんなふうに接したらいいのだろうか。そんな難題が生じて、光海君(クァンヘグン)の正室の柳氏(ユシ)はほとほと困惑してしまった。きっかけは、14代王・宣祖(ソンジョ)の再婚だった。

柳氏一族の没落

宣祖は、正妻の懿仁(ウィイン)王后が1600年に亡くなると、2年後には50歳でありながら18歳の仁穆(インモク)王后を次の王妃に迎えた。
当時の王は再婚のときに10代の娘を嫁にするのが慣例だったので、この結婚自体は何ら不思議ではなかった。ただし、宣祖の二男であった光海君(クァンヘグン)に嫁いでいた柳氏はそのとき26歳で、8歳も下の姑が突然誕生して接し方に苦慮した。
不幸にも、柳氏と仁穆王后の相性は良くなかった。二人の不和は王宮で知らない人がいないほど深刻になっていった。
しかし、その不和に決着がつく日がやってきた。宣祖が1608年に世を去り、光海君が15代王として即位したからだ。




柳氏は王妃となり、夫の権威を盾に王宮でわがままにふるまうようになった。彼女の弟や甥も次々と高官にのぼりつめ、私腹を肥やして政治を歪めた。
1623年、反対勢力がクーデターを起こし、光海君は王位を追われた。ここから柳氏一族の没落が始まった。
(ページ2に続く)

知られざる光海君(クァンヘグン)の実像1「光海君の即位」

光海君(クァンヘグン)と臨海君(イメグン)!兄弟同士の骨肉の争い

光海君(クァンヘグン)への恨みを晴らした仁祖(インジョ)の復讐劇!

光海君(クァンヘグン)を廃位にした仁祖(インジョ)に正当性はあるのか

光海君(クァンヘグン)と仁穆(インモク)王后はなぜ激しく対立したのか

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る