ファン・ジニ(黄真伊)!男なら誰もが会いたがった

 

美しい容姿と優れた感性によって、男たちを手玉に取った妓生(キーセン)だったファン・ジ二(黄真伊)〔生没年不詳〕。正確な出自はわからないが、幼い頃に父親が家を出ていき、母親1人の手で育てられたというのが通説だ。




多くの男性に愛されたファン・ジニ

母親の英才教育を受けたファン・ジニは、7歳で難しい漢字を覚え始め、9歳になると自ら漢詩をつくるほどに成長した。
美しく聡明なファン・ジニに、恋心を抱く人は多かったが、厳格な彼女の母は、身分や能力が釣り合わないからと、すべて断っていた。
ある日、1人の青年が、ファン・ジニに恋をしてしまう。しかし、青年は自分の身分では彼女と結ばれることは叶わないと諦め、自ら命を断ってしまった。
村人たちは青年の遺体を入れた棺を台車に乗せて墓場に向かった。しかし、ファン・ジニの家の前を通ると、その台車は動かくなってしまう。村人たちは口を揃えて、青年の悲劇をあわれんだ。事情を聞いたファン・ジニは、自分の服を棺にかけてあげた。
すると、ピクリとも動かなかった台車がようやく動き出したという……。
この出来事が契機になって、ファン・ジニは妓生になったと言われている。それほど青年の死がもたらした衝撃が大きかったのだ。




ファン・ジニは妓生になるとすぐに評判となった。多くの有能な役人や金持ちの両班たちが先を争って、彼女を指名した。
(ページ2に続く)

ファン・ジニ(黄真伊)の人生!朝鮮王朝の女流詩人

中宗(チュンジョン)は不本意な王だった

中宗(チュンジョン)はなぜ端敬(タンギョン)王后を守れなかったのか

朝鮮王朝実録が記した燕山君(ヨンサングン)の追放と中宗(チュンジョン)の即位!

中宗(チュンジョン)が離縁した端敬(タンギョン)王后の悲しき人生!

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る