警察官の朴文秀(パク・ムンス)

彼を讃えた碑

朴文秀が初めて赴任したのは、当時もっとも英祖に反抗的だった慶尚道(キョンサンド)だった。
その地で朴文秀は役人たちの不正を暴き、民衆たちの喝采を浴びた。
日ごろから清廉で公平だった朴文秀にとって、暗行御史の仕事はまさしく天職だった。彼は慶尚道から戻った後も、各地を暗行御史としてまわり、多大な成果をあげた。
多くの武勇伝を残したが、もっとも有名なのは、凄まじい豪雨に襲われた地域にいちはやく救援物資を届けたことだ。普通は王の許可が必要なのだが、彼は被災者のことを考えて迅速に行動した。
これは暗行御史としても確実に越権行為だった。しかし、朴文秀は少しも臆することなく信念にもとづいて行動した。




そのおかげで、被災者は餓えの苦しみから解放された。
恩を受けた人々は感謝の気持ちから、朴文秀を讃えた碑を建てた。彼がいかに多くの人たちから慕われていたかがよくわかる。

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

朝鮮王朝の三大悪女/張緑水・鄭蘭貞・張禧嬪

文定(ムンジョン)王后はなぜ大妃(テビ)になれたのか?

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る