妓生のファン・ジニ(黄真伊)

 

大人気となった韓国時代劇の主人公として有名になったファン・ジニ(黄真伊)。その人生は謎に包まれていた。なにしろ、生まれた年と亡くなった年がわからないほどなのだ。果たして、どんな人生を歩んだのだろうか。




美貌と才能の持ち主

妓生(キーセン)とは高麗時代初期に富裕層が持つ奴婢として誕生した。これが後に歌や踊りで男性を接待する官女という立場になった。
一度、妓生になった者は、その先ずっと妓生の立場から逃れることができなかった。そのため、自ら進んで妓生になる女性は、相当な生活苦なのか、上級の男性の妾になって立身出世を目指す者ぐらいだった。後者で有名なのは「朝鮮王朝三大悪女」の張緑水(チャン・ノクス)と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)だ。彼女らは野心を胸に妓生となって出世していき、歴史に名を残すまでになった……。
そんな妓生の中に異質な女性がいた。16世紀の朝鮮王朝の時代を生きたファン・ジニ(黄真伊)である。
一介の妓生だったファン・ジニの出生は正しくはわからないが、幼い頃に父親が家を出ていってしまい、母親一人の手で育てられたという。母子家庭ではあったが、母親はファン・ジニに徹底的な英才教育を施した。




その甲斐もあり、ファン・ジニは幼い頃から高い教養を身に付けていく。また、彼女は学問に秀でているだけでなく、その容姿も格段と優れていた。そんな彼女の美貌と才能は、多くの男性の心を射止めた。
(ページ2に続く)

ファン・ジニ(黄真伊)の人生!朝鮮王朝の女流詩人

中宗(チュンジョン)は不本意な王だった

中宗(チュンジョン)はなぜ端敬(タンギョン)王后を守れなかったのか

朝鮮王朝実録が記した燕山君(ヨンサングン)の追放と中宗(チュンジョン)の即位!

中宗(チュンジョン)が離縁した端敬(タンギョン)王后の悲しき人生!

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る