中宗(チュンジョン)は不本意な王だった

[中宗(チュンジョン)の人物データ]

中宗の生没年/1488~1544年
中宗の在位期間/1506~1544年
中宗の父/9代王・成宗(ソンジョン)
中宗の母/貞顕(チョンヒョン)王后




政変が起こった

中宗(チュンジョン)は、王子の時代に晋城大君(チンソンデグン)と呼ばれていた。
暴君として有名な燕山君(ヨンサングン)の異母弟であり、本人は「とうてい王になれるわけがない」と思い込んでいた。それだけに、王子としてのんびりした生活を送っていた。ただし、燕山君によくいじめられていたので、その点では苦しい思いをしていたのは間違いない。
彼の人生が劇的に変わったのは1506年だ。
あまりにひどい政治を続けていた燕山君が、家臣たちによってクーデターで王宮を追われることになった。
クーデター軍は大義名分として「燕山君の統治があまりにもひどいので、正しい政治に戻したい」ということを強調したが、代わりの王を擁立(ようりつ)する必要があった。
白羽の矢が立ったのが晋城大君である。




クーデター軍は晋城大君の屋敷に行って、「次の王になってください」と願い出たのだが、晋城大君はすぐに断った。
(ページ2に続く)

棚ボタで国王になった中宗(チュンジョン)/朝鮮王朝人物列伝特選2

朝鮮王朝実録が記した燕山君(ヨンサングン)の追放と中宗(チュンジョン)の即位!

中宗(チュンジョン)はなぜ端敬(タンギョン)王后を守れなかったのか

中宗(チュンジョン)が離縁した端敬(タンギョン)王后の悲しき人生!

『七日の王妃』歴史解説!燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)と端敬(タンギョン)王后の運命

チャングム!11代王・中宗(チュンジョン)の信頼を得た医女

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る