なるほど韓国37「韓国を象徴する色といえば『赤』?」

 

サッカーの韓国代表の試合がソウルで行なわれると、スタジアムが赤一色に埋まります。韓国料理がズラリと食卓に並ぶと、真っ赤な色合いが目立ちます。このように、韓国を象徴するカラーは、やっぱり「赤」なのでしょうか。




かつて「赤」は敬遠されていた

日本で軍手と言えば、白色のものが一般的です。手のひらにボツボツとしたゴム斑点が付いた滑り止め付きの軍手の場合、その多くは黄色です。
一方、韓国の軍手も白色が主流ですが、滑り止め付き軍手の場合は斑点ではなく、専用の特殊ゴムを手のひらいっぱいに貼ってあります。
その特殊ゴムは真っ赤な色をしているため、日本から見れば作業をしている人が出血したのかと錯覚するほどです。
ゴム自体は他の色でも良いのに、韓国ではなぜ「赤」が好まれるのでしょうか。
韓国の国旗である太極旗の中央にも、万物の根源を意味する太極として、大きく赤が描かれています。陰陽の陽を表すこの赤は、情熱的な韓国の人たちにとって、やはり特別な色なのです。
ところが、かつて赤は共産主義を連想させ、軍事独裁政権時代は徹底的に敬遠されてきました。




つまり、1960年代から70年代にかけて赤は忌み嫌われる色だったのです。
1987年に民主化を達成すると、それ以前の反動であるかのように、赤が韓国社会で目立つようになりました。
サッカーの韓国代表チームの試合となると、ファンが着る赤いユニフォームでスタジアムが真っ赤に染まることはよく知られています。
(ページ2に続く)

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国35「芸能人が影響を受けたブラックリスト事件」

なるほど韓国36「韓国のカラオケではアルコールが禁止?」

なるほど韓国38「取り皿をあまり使わないのが韓国スタイル!」

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る