なるほど韓国33「日本の小説が韓国で一番人気がある」

 

2018年に韓国で販売された小説本の中で、日本人作家の割合が31%に達し、韓国人作家の29・9%を上回った。まさに、驚くべき逆転現象が起きたのだ。

韓国版の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』




東野圭吾が大人気

なぜ、日本の小説は韓国でとても人気があるのだろうか。
一番の人気作家は東野圭吾だ。小説『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は2018年7月25日に100万部以上も売れていることが明らかになった。電子書籍版を入れると、合計で120万部を突破したという。人口5000万人に過ぎない韓国では、異様なほどの売れ方である。
この『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が韓国で発売されたのは、2012年の12月であった。最初はそれほど売れなかったのだが、読者の間で口コミで評判が広がっていき、ロングセラーとなった。
何と言っても、韓国の大型書店「教保文庫」のベストセラー集計では、5年連続で総合10位以内に入っている。
とにかく、読者層が広い。




文を尊ぶ国

2017年の韓国の図書館の貸し出し状況を調べみよう。
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が20代で1位、40代で2位、30代で3位、10代で4位となっている。
このように、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の人気は別格だ。
もともと、韓国では日本の小説家が注目されている。
特に村上春樹の小説は常にベストセラーになるし、その他でも、日本の作家の翻訳版は数多く出て相応の人気を得ている。
そこには、韓国の小説事情もからんでいる。
儒教思想の影響で「文を尊ぶ国」である韓国では、小説というと「いかに人間は生きるか」という純文学系のものがとても多い。
(ページ2に続く)

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国31「今までは「割り勘」の習慣がなかった」

なるほど韓国32「韓国では風呂で湯船につからない人も多い」

なるほど韓国34「韓国で増えてきた『ランチタイムお見合い』とは?」

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る