なるほど韓国32「韓国では風呂で湯船につからない人も多い」

 

済州島(チェジュド)で小さなホテルに泊まったときのことだ。ゆっくりと風呂につかろうと思ってバスルームに行ったら、湯船がなかった。あったのは、シャワーだけで拍子抜けした。「なるほど。これが韓国か」そう思った。




韓国は大陸性気候

知り合いのマンションを訪ねたときのことだ。そのマンションには確かにバスルームに湯船があったのだが、なんと湯船の中が物置になっていた。それは、そこの住人がシャワーだけ使って湯船を使っていないことを表していた。
なぜ、こういうことになるのか。
昔から韓国では、日本のようにお風呂にひんぱんに入る習慣がなかった。日本の場合は湿気が多くお風呂で汗を流すことが必要だったが、韓国は大陸性気候でむしろ乾燥していて汗もそれほど出ないのだ。
そんなこともあって、1週間のうちに何回か軽く沐浴(もくよく)をする程度で、湯船にじっくりつかるという習慣は根付かなかった。
それは現在もほぼ同じだ。

湯船につかりたいときは……

今でも韓国の多くの家庭では、かんたんにシャワーを浴びてお風呂を済ませてしまうのである。
わざわざ湯船にはつからないのだ。
そんなこともあって、たとえばドラマでも登場人物が家庭で湯船に入っているシーンが出てこない。




それでも、湯船にゆっくりつかりたいときはどうするか?
みんな、サウナや銭湯に行っている。
つまり、「家ではシャワーだけで、湯船に入るときはサウナに行く」というのがコリアンスタイルと言えるだろう。
(ページ2に続く)

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国30「招待されない人も結婚式に続々とやってくる」

なるほど韓国31「今までは「割り勘」の習慣がなかった」

なるほど韓国33「日本の小説が韓国で一番人気がある」

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る