なるほど韓国30「招待されない人も結婚式に続々とやってくる」

来客が多いほうが幸せ

韓国で結婚式が終わると披露宴会場に移り食事をするが、韓国ではたいていビュッフェ形式の食事になる。
結婚式に来た人たちはご祝儀を渡すと、引きかえに食事券をもらい、それを披露宴会場の入口で渡す。
披露宴会場はたくさんの人に来てもらえるように、とてもオープンになっている。座って食事をする人もいれば、立っている人もいるのだが、時間が経つにつれて人の出入りが多くなり、誰でも会場に入れるようになる。
中には新郎新婦とはまったく関係のない通りすがりの人が、ご祝儀も払わず食事だけして帰る場合もある。それでも韓国の人たちに言わせると「来客が多いほうが幸せになれる」ということなのだ。




韓国の結婚式では来場者が300~500人が普通で、1000人近い場合もある。50人くらいの結婚式もある日本とは規模が異なっている。
他にも、韓国のご祝儀は意外にも相場が低かったり、服装もカジュアルなものでよかったり……など、日本とは結婚式に対する考え方や風習がずいぶん違うようだ。

文=康 熙奉〔カン・ヒボン〕
構成=「歴史カン・ヒボン」編集部

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国28「済州島の海女はいつもたくましい」

なるほど韓国29「韓国は極端な少子化社会になった」

なるほど韓国31「今までは「割り勘」の習慣がなかった」

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る