なるほど韓国29「韓国は極端な少子化社会になった」

 

2017年の合計特殊出生率(15歳から49歳までの女性が産む子どもの数)が韓国では1.05となった。日本も少子化の傾向が強いが、それでも合計特殊出生率は1.43だった。韓国はそれよりさらに低く、世界で最も少子化になっていると言われている。

少子化の原因は?

人口を維持するためには合計特殊出生率が2.07は必要なのに、韓国はその半分だ。
原因は何だろうか。
まずは晩婚化。女性の初婚年齢の平均が30歳前後となり、子どもを産む年齢の幅が狭くなってきた。
次に、経済的な理由。若年層の失業率が高いうえに、住宅価格が上昇し、子どもを産んで育てる余裕がなくなっている人が多くなった。
さらには、世相の影響。2017年の韓国社会は朴槿恵(パク・クネ)政権の崩壊や北朝鮮の挑発があり、社会的な不安感が出産を躊躇させた、という。
しかし、もっと根本的な問題がありそうだ。




それは、女性の社会進出が活発になっている一方で、子どもを出産して育てる環境の整備が追いついていないということだ。
さらに言えば、男尊女卑の傾向が強かった儒教的な価値観が未だに現在の韓国を縛っているとも言える。
(ページ2に続く)

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国27「並ぶのは時間の無駄という考え方」

なるほど韓国28「済州島の海女はいつもたくましい」

なるほど韓国30「招待されない人も結婚式に続々とやってくる」

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る