なるほど韓国23「極端な少数精鋭主義の韓国スポーツ界」

選手層が薄い競技を狙う

日本的な競技スポーツの考え方は、裾野を広げてプレー人口を増やし、その中から優秀な選手を育成していく、というものだ。いわば、ピラミッド型である。
しかし、韓国は違う。大会を通して早い段階から選手を振るい落として、残った少数の選手を徹底的に鍛え上げて、国際大会で優秀な成績を挙げられるようにもっていく。いわば、逆ピラミッド型なのだ。
韓国では、「少数精鋭主義は少ない予算で最大の効果を得られる」と考えられている。徐々に成長していく選手をサポートするといった考えはほとんどない。オリンピックなどで国威発揚の成果を出すためには、限られた予算を特定の選手に集中させるというのが韓国スタイルなのである。
特に、韓国がオリンピックで狙うのは、世界でも競技人口が少ないマイナーなスポーツばかりだ。
たとえば、夏のオリンピックのアーチュリーや、冬のスポーツのショートトラックである。この2つの競技で獲得した韓国の金メダルは他の国を圧倒している。




世界で選手層が薄い競技を狙い、少数精鋭の選手に過大投資する……この方式によって、韓国は2012年のロンドン五輪で13個の金メダルを獲得した。ちなみに、日本がロンドン五輪で得た金メダルは7個であった。

文=康 熙奉〔カン・ヒボン〕
構成=「歴史カン・ヒボン」編集部

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国21「お客様は神様ではありません」

なるほど韓国22「ぼられる楽しみ」

なるほど韓国24「されど韓国の女性は強し!」

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る