なるほど韓国11「韓国でタクシーに乗る」

 

韓国でタクシーに乗ると、驚くことが多い。日本との比較で言うと、まず、料金がとても安かった。感覚では5分の1くらい。値上がりが続いて日本との差は縮まったが、それでも「運転手はどうやって暮らしているんだろ」と心配になるほどで、今でも「安いなあ」と思えるレベルである。




突っ込みどころがたくさん

韓国のタクシーは、街中で相乗りが普通にある。
目的地が近いと、たとえ先客がいても、運転手は平気で他の客を乗せる。それがわかっているから、客のほうもタクシーがつかまりにくい夜の時間帯になると、通行するタクシーに向かって路上で目的地を叫んでいる。運転手のほうも、そんな相乗り客の声を聞き逃すまいと歩道側に注意しながら走っている。
日本ではまったく見られない光景である。
たとえ相乗りでも、料金は自分の分をしっかり取られる。運転手も稼ぎの悪さを相乗りで補っているのかもしれない。
次に、乗客が乗る位置である。日本なら、1人の乗客の場合にかならず後部座席に座るが、韓国では助手席に座る人も多い。
後部座席が空いていて、前に運転手と乗客が並んで座っている。見慣れない様子なので違和感がある。2人が友人同士のように仲良く見えるのは微笑ましいのだが……。




他にも、「後部ドアが自動ドアでないこと」「路上でタクシーを呼びたいときは、日本のように手を上げるのではなく、手を水平から下に差し出すこと」などが日本と違う。
さらに、運転手が出すスピードも、日本よりずっと速くなる。地方の田舎道を飛ばすタクシーには肝を冷やすが……。
(ページ2に続く)

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国9「祭祀は一族の結束を固める」

なるほど韓国10「女子プロゴルフが強い理由」

なるほど韓国12「ドラマの放送事故」

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る