なるほど韓国8「実際に文字を作ってしまった国王」

誰がハングルを作ったのか

画期的な訓民正音であるが、普及はそれほど進まなかった。やはりエリート層が抵抗し、漢字にこだわり続けたからである。せっかく新しい文字ができたのに、朝鮮王朝の公式文字は漢字のままだった。
一気に普及が進んだのは19世紀の末である。日本や欧米列強に干渉されていた時期に、民族固有のものを大切にする風潮が生まれ、その中で訓民正音が見直されたのである。また、優秀な国語学者が訓民正音を使いやすく体系化したことも大きかった。
その頃からこの文字は「ハングル」と呼ばれるようになった。「ハン」は「偉大」で、
「グル」は「文字」。つまり、「ハングル」は「偉大な文字」という意味である。
日本の植民地から解放された1945年以降、ハングルは韓国の公式文字となり今に至っている。
ところで、世宗は訓民正音の創製にどのくらい関わっていたのか。
朝鮮王朝の正式な歴史書である「朝鮮王朝実録」にも、世宗が訓民正音を創製する過程がまったく記されていない。周囲の反対を想定して世宗が徹底的な秘密主義を取ったことが影響している。




しかし、様々な状況を考察すると、訓民正音の創製に世宗が主導的な役割を果たしたことは間違いない。もちろん、多くの学者が協力したであろうが、「世宗あっての訓民正音」なのである。
そういう意味で、「ハングルは世宗が作った」と言っても過言ではない。こうした実績が評価されて、世宗は朝鮮王朝最高の名君という評価を得ているのである。
それにしても、本当にビックリだ。今も使っている文字を600年近く前の国王が自ら作っていたとは……。
世界の言語学者の間でも、世宗の名は特に有名である。

文=康 熙奉〔カン・ヒボン〕
構成=「歴史カン・ヒボン」編集部

なるほど韓国1「韓国には老舗がほとんどない」

なるほど韓国2「食べ残す韓国、残さない日本」

なるほど韓国3「死罪の方法もこんなに違う」

なるほど韓国6「韓国の鉄道では何が起こるかわからない」

なるほど韓国7「舟盛りVS大皿いっぱい盛り」

なるほど韓国9「祭祀は一族の結束を固める」

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る