端敬(タンギョン)王后を初めとする「悲劇の五大王妃」は誰か

 

518年間も続いた朝鮮王朝には42人の王妃がいた。その中で「悲劇の五大王妃」と呼ばれたのは、顕徳(ヒョンドク)王后、端敬(タンギョン)王后、仁穆(インモク)王后、仁顕(イニョン)王后、明成(ミョンソン)皇后の5人だ。




悲劇の3人

◆顕徳(ヒョンドク)王后
〔1418~1441年〕
5代王・文宗(ムンジョン)の妻。1441年に後の6代王・端宗(タンジョン)を出産した直後に急死。その後に文宗は新たな正室をもとうとしなかった。それほど彼女を愛していた。端宗は即位して3年後に叔父の世祖(セジョ)に王位を奪われ、その後に死罪となっている。

◆端敬(タンギョン)王后
〔1487~1557年〕
11代王・中宗(チュンジョン)の最初の正室。燕山君(ヨンサングン)を追放するクーデターが成功して異母弟の中宗が王に上がるとき、不安にかられた夫を精神的に支えた。しかし、叔母が燕山君の正妻であったことが問題となり、王妃になってわずか1週間で廃妃となってしまった。




◆仁穆(インモク)王后
〔1584~1632年〕
14代王・宣祖(ソンジョ)の二番目の正妻で、1606年に永昌(ヨンチャン)大君を出産。しかし、1608年に光海君(クァンヘグン)が王位に上がると、永昌大君は殺され、自身も幽閉されてしまった。1623年、クーデターで光海君が追放されると、光海君の斬首を強硬に主張。その願いはかなえられなかった。
(ページ2に続く)

中宗(チュンジョン)が離縁した端敬(タンギョン)王后の悲しき人生!

中宗(チュンジョン)はなぜ端敬(タンギョン)王后を守れなかったのか

『七日の王妃』歴史解説!燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)と端敬(タンギョン)王后の運命

中宗(チュンジョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝12

燕山君(ヨンサングン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝11

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る