朝鮮王朝三大悪女はいかにして成り上がったのか

一番の成り上がり者

張禧嬪(チャン・ヒビン)は、宮中で通訳をしていた官僚の親戚ということで女官となった。張緑水や鄭蘭貞と比べると、育ちは悪くない。しかし、周囲も驚くほどの美貌が、彼女をとてつもなく欲が深い女性にした。
張禧嬪はどれほどの美女だったのか。
朝鮮王朝の正史であった『朝鮮王朝実録』は女性の容姿についてはほとんど触れていないが、例外なのが張禧嬪だ。一度ならず何度も、張禧嬪の美貌について記している。それほど彼女の容姿は際立っていたのだ。
張禧嬪はその美貌によって19代王の粛宗(スクチョン)に見初められた。艶福家の粛宗のことだから、噂を聞いてすぐに張禧嬪を呼び入れたことだろう。




しかし、張禧嬪は粛宗が想像もできないほどの魔性を持っていた。
1688年に粛宗にとって初めての王子を産むと、彼女の上昇思考は天にものぼるほどであった。結局、粛宗は正室であった仁顕(イニョン)王后を離縁して張禧嬪を王妃に昇格させた。
ここまでは、絵に描いたようなサクセス・ストーリーだ。
しかし、粛宗の心変わりまでは張禧嬪も見通せなかった。結局は再び側室に降格になり、最後は死罪になってしまった。
ただし、息子は後に20代王・景宗(キョンジョン)として即位している。王の母になったという意味で、張禧嬪は三大悪女の中で一番の成り上がり者だった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

https://goo.gl/jeVCTP

粛宗(スクチョン)の母が張禧嬪(チャン・ヒビン)を王宮から追い出した!

https://goo.gl/rqdQPo

鄭蘭貞(チョンナンジョン)!「朝鮮王朝三大悪女」の悪行

https://goo.gl/57YFpx

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

https://goo.gl/KUhLTS

張緑水(チャン・ノクス)!朝鮮王朝三大悪女の浪費ざんまい

https://goo.gl/X7HTwv

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る