憲宗(ホンジョン)と哲宗(チョルチョン)の不幸!朝鮮王朝全史25

興宣大院君の誕生

哲宗の死期を感じた安東・金氏は、次の王も自分たちが意のままにできる人物にしようと画策し、有能だと思われる王族を強引な手法で粛清していった。
しかし、王族の中には現状を打破しようとする者がいた。その代表格が李昰応(イ・ハウン)であった。彼は、安東・金氏が有能な王族を殺していくのを見ると、いち早く無能を装った。たとえば、庶民を連れて遊び歩き、金がなくなると安東・金氏のもとへ行き物乞いをしたのだ。




あまりにだらしがないので、李昰応は「餓えた捨て犬」と馬鹿にされた。しかし、それは計算された「仮の姿」だった。その結果、李昰応は安東・金氏の魔の手から逃れることができた。そして、哲宗が体調を崩すと、王族の長老女性と結託して、息子の命福(ミョンボク)を王に推挙した。
1863年に哲宗が亡くなると、安東・金氏は命福(ミョンボク)を26代王の高宗(コジョン)として即位させた。この人選は、安東・金氏が自分たちの勢力を維持するのに一番都合がよかったのである。
その結果、李昰応は興宣大院君(フンソンデウォングン)として、摂政の地位についた。大院君とは、王位が父から子へ譲られなかった場合に用いられる称号で、国王の父を意味していた。
長い朝鮮王朝の治世では数人の大院君が存在するが、現在「大院君」と言ったら李昰応のことを指す。それほど、彼の残した印象は強烈だった。

文=慎 虎俊(シン ホジュン)

哲宗(チョルジョン)!教養のない王

孝明世子(ヒョミョンセジャ)/イ・ヨンの実母の純元(スヌォン)王后は誰?

純元(スヌォン)王后の悪政!朝鮮王朝の重大な事件簿9

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の父の純祖(スンジョ)は誰?

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側の上にカラーで色分けされたジャンルのコーナーがありますので、目的に応じて各コーナーをクリックして必要な記事にアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●話題作
・奇皇后
・雲が描いた月明り
・華政/韓国時代劇
・六龍が飛ぶ
・イニョプの道
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●歴史人物の実像
・時代劇の主人公
・時代劇の登場人物
・朝鮮王朝劇場
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●悪女
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
●日本と韓国の歴史
・朝鮮王朝全史
・韓国の歴史
・日韓の歴史
・歴史探訪
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る