憲宗(ホンジョン)と哲宗(チョルチョン)の不幸!朝鮮王朝全史25

哲宗が即位

若くして亡くなった憲宗には、跡取りとなる息子がいなかった。それに目を付けた安東・金氏は、自分たちの意のままに操れる王を探した。彼らが指名したのは、島で農業をしながら生活していた王族の一人の元範(ウォンボム)。王として指名された彼は、25代王の哲宗(チョルチョン)として即位した。




当時18歳だった哲宗には、明確な政治的思想も学識もなかった。それだけに、安東・金氏は勢道政治を強め、朝廷を完全に手中に収めた。国政の乱れは、地方の役所にも波及する。不正な役人たちは税金を納める義務のない子供と老人からも無理やり税を徴収するようになり、私腹を肥やしていった。
あまりにひどい対応に怒った庶民は、各地で反乱を起こした。責任を感じた農民出身の哲宗は、庶民の心を落ち着かせようと動いた。しかし、彼の意見は安東・金氏によって握りつぶされてしまった。
1862年、庶民の怒りはついに限界に達し、王や朝廷を否定して新たに信頼できる対象を求めるようになった。その過程で、かつて迫害された天主教が急速に全土に広まっていった。
一方、お飾りのように王に祭り上げられている哲宗。やる気を失った彼は、酒と女に溺れていき徐々にからだを壊していく。(ページ3に続く)

哲宗(チョルジョン)!教養のない王

孝明世子(ヒョミョンセジャ)/イ・ヨンの実母の純元(スヌォン)王后は誰?

純元(スヌォン)王后の悪政!朝鮮王朝の重大な事件簿9

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の父の純祖(スンジョ)は誰?

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る