権力闘争に勝った光海君(クァンヘグン)!朝鮮王朝全史15

 

1592年4月に始まった朝鮮出兵。当初は豊臣軍が快進撃を続けた。両国の戦力に差が出たのは、鉄砲の存在も大きかった。すでに日本には戦国時代を通して鉄砲が伝えられており、王朝軍の弓矢や槍では相手にならなかったのだ。

変わりゆく戦況

劣勢となった王朝軍。宣祖(ソンジョ)は中国大陸の明に助けを求めた。しかし、いかに明が強大であろうとも、援軍には限界があった。
王朝軍は苦境に陥ったが、この存亡の危機に立ち上がったのが義勇兵だった。
「このままでは国が滅びる。みんなで立ち上がろう」
義勇兵は地の利を活かしたゲリラ戦術で豊臣軍を苦しめた。さらに、救国の英雄が出現した。それが、水軍を率いる李舜臣(イ・スンシン)だった。彼は並外れた指揮能力を持っていて、豊臣軍との海戦で立て続けに勝利を収めた。




このとき、戦力として効果を発揮したのが「亀甲船」だった。この亀甲船は甲板を固い板で覆い、その上に刃を置いて敵兵の乗船を防ぎ、さらに、前後と左右に大砲を装備していた。船首に飾られた龍の顔は、それだけで豊臣軍を震え上がらせた。
明の援軍、各地の義勇兵、そして李舜臣の活躍によって、朝鮮王朝は戦況を覆した。ついに都の漢陽(ハニャン/現在のソウル)を取り戻し、両国は停戦の合意に達した。
戦火がやみ、宣祖は各地の復興に力を注ぐことを誓った。
「民にはとてもつらい思いをさせた。その罪を少しでも償えるように努力しよう」
しかし、停戦の合意は守られなかった。(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

歴史の闇を語る光海君(クァンヘグン)/朝鮮王朝劇場2

光海君(クァンヘグン)の没落!朝鮮王朝の重大な事件簿4

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る