ファン・ジニ(黄真伊)の人生!朝鮮王朝の女流詩人

私が死んだら……

碧渓守はボーッとなっているうちに、あえなく落馬してしまった。
なんとも冴えない作戦失敗だった。
ファン・ジニの前では、どんな男たちも歯が立たなかった。
1人だけ違ったのが、儒学者の徐敬徳(ソ・ギョンドク)だった。




ファン・ジニのほうが彼の才能に惚れ込み、彼女は色香で誘惑しようとした。
しかし、徐敬徳は落ちなかった。
たまらず、ファン・ジニは彼に弟子入りし、師匠として崇めた。僧侶や知識人を骨抜きにしたファン・ジニが、徐敬徳だけは信奉するようになったのだ。
このよう、徐敬徳だけには頭が上がらなかったファン・ジニだが、彼女は詩の才能をいかんなく発揮して、女性には生きづらい社会で奔放に生きた。
彼女が生を終えるとき、「死んだら棺に入れないで、鳥のエサにでもしてほしい」と言ったという。
おそらく、40歳前後で息を引き取ったと言われるファン・ジニ。記録に残らない人生だけに、よけいに神秘的で、不思議な魅力に包まれている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

ファン・ジニ!才能と容姿に恵まれた美女

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

中宗(チュンジョン)と王妃の「チマ岩の伝説」

中宗(チュンジョン)と趙光祖(チョ・グァンジョ)!朝鮮王朝全史11

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る