ファン・ジニ(黄真伊)の人生!朝鮮王朝の女流詩人

 

16世紀前半の11代王・中宗(チュンジョン)の統治時代に、ファン・ジニ(黄真伊)は実在していたのだが、生まれた年も死んだ年もわかっていない。彼女はまた、その時代の著名な学者や風流人とかなり交流していたはずなのに、あまり記録が残っていない。それは、ファン・ジニが妓生(キセン)だったからなのだろうか。

庶子として生まれた

ドラマ『ファン・ジニ』の脚本を書いたユン・ソンジュがこう語っている。
「脚本家になる前に、国語の教師をしていたことがあります。授業では、ファン・ジニの詩を教えました。そんな自分が、まさか、ファン・ジニを主人公にしたドラマを書くことになるなんて……。想像もできなかったことです」




苦笑するユン・ソンジュだが、国語の授業で取り上げられるほど、ファン・ジニは韓国で有名な女流詩人なのである。
もともとファン・ジニは、両班(ヤンバン/朝鮮王朝時代の貴族階級)の庶子として松都(ソンド/現在の開城〔ケソン〕)に生まれた。
身分制度が厳格だった朝鮮王朝だけに、庶子はきびしく差別された。
それでも、ファン・ジニはたぐいまれな才能を持っていて、小さい頃から学問に習熟して詩を書いたという。(ページ2に続く)

ファン・ジニ!才能と容姿に恵まれた美女

朝鮮王朝の中宗(チュンジョン)はどんな国王だったのか

中宗(チュンジョン)と王妃の「チマ岩の伝説」

中宗(チュンジョン)と趙光祖(チョ・グァンジョ)!朝鮮王朝全史11

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る