イ・バンウォン/李芳遠は妻の元敬(ウォンギョン)王后の一族を滅ぼした

廃妃の危機

元敬王后の実家は高麗王朝時代からの名門である。
しかも、一族の男子の多くが朝鮮王朝の要職に就いていて、家門の力が強かった。
そのことを李芳遠は極度に警戒するようになった。
彼は王朝を存続させるためには、外戚の力を弱める必要があると痛感しているところだった。
ついに李芳遠は強硬手段に出た。




ありもしない謀反(むほん)の罪をつくり出して、李芳遠は元敬王后の実家に刃を向けた。そのあおりで、元敬王后の兄2人と弟2人が処刑された。この悲劇によって元敬王后の実家は完全に没落してしまった。
立ち直れないほどの衝撃を受けた元敬王后は、ますます李芳遠を憎むようになった。
「王妃を廃すべきでございます」
李芳遠の側近たちはそう進言してきた。
今や元敬王后の身分は、李芳遠の決断一つでどうにでもなる局面に陥ってしまった。
迷っている李芳遠に対して、側近たちは重ねて元敬王后の廃妃を主張してきた。
しかし、最後の最後になって、李芳遠は元敬王后を廃妃にしない決定をした。(ページ3に続く)

イ・ソンゲ/李成桂は、どんな人物だったのか?

イ・バンウォン/李芳遠はどんな人物だったのか?

チョン・ドジョン/鄭道伝はどんな人物だったのか

イ・バンウォン/李芳遠は継母の神徳(シンドク)王后を一番憎んだ!

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る