これが光海君(クァンヘグン)という国王だ!

 

1623年3月12日の明け方、仁祖(インジョ)に統率された1000人あまりのクーデター軍が王宮を襲い、光海君は王の座から追放された。そのとき、クーデター軍は光海君の罪状を4つ掲げた。それが、反乱を起こした大義名分になったのだ。

王宮の再建は必要だった

クーデター軍が大義名分として挙げた4項目とは何か。以下の通りである。
1.多くの土木工事を行なって民衆の負担を大きくした
2.兄弟たちを殺した
3.中国大陸の明に対して背信行為をして、後金と密通した
4.仁穆王后を幽閉した




この4項目について検証してみよう。
1の土木工事について。
朝鮮半島は豊臣軍との戦い(1592年から1598年まで)で国土が荒廃しており、その復興をなしとげる必要があった。
光海君が即位した頃は王ですら満足に住む王宮がなく、彼が王宮の再建を急いだのも当然だった。
なお、クーデター軍は光海君が民衆の負担を増やしたことをやり玉に挙げたが、むしろ光海君は大同法によって納税制度を改善し、土地を持たない人たちの税負担を軽くしようとしていた。民衆に過剰な負担を強いたとは決して言えないのだ。(ページ2に続く)

歴史の闇を語る光海君(クァンヘグン)/朝鮮王朝劇場2

光海君(クァンヘグン)の没落!朝鮮王朝の重大な事件簿4

光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る