端宗(タンジョン)から王位を奪った世祖(セジョ)!朝鮮王朝全史5

命を落とした死六臣

世祖が強引な手段で王位に就いたことに納得しない家臣たちは多かった。そこで彼らは端宗の復権を試みるのだが、王権強化を大義名分にした世祖によって、その多くが問答無用で処罰された。
そんな世祖に反発する人たちは多かった。
特に、才能豊かな6人の逸材たち……成三問(ソン・サムムン)、朴彭年(パク・ペンニョン)、李塏(イ・ゲ)、河緯地(ハ・ウィジ)、柳誠源(ユ・ソンウォン)、兪応孚(ユ・ウンブ)たち6人は世祖を殺すクーデターを計画した。
「首陽は世宗様のご遺志を無視した反逆者であり、我らが従うべきは主上(チュサン/端宗のこと)だけである!」
こう唱える彼らは成三問の父である成勝(ソンスン)と共に、端宗を復位させようとした。




しかし、クーデターは失敗して彼らは残虐な拷問を受けた。
優秀な人材をむざむざ殺すことを惜しんだ世祖は直々に、自分に忠誠を誓うように呼びかけた。それでも、忠義の徒である彼らは、甘い言葉にはつられず最後まで世祖を王と認めなかった。
世祖は特に成三問の才能を買っていて配下に入るように勧めたが、成三問は「忠臣は二君に仕えません!」と言い放って世祖を罵倒した。
怒った世祖は、成三問を残虐に処刑した。
結局、6人は命を落としたが、人々は彼らの忠誠心を讃えて「死六臣」と呼んだ。
世祖は自分に逆らう者たちを次々に処分したが、自身の王位を最も脅かすのは端宗だということに気づき、彼の位を庶民に降格させた後に殺してしまう。
あまりに非道な世祖であったが、政治的な統治力に優れており、朝鮮王朝初期の王権を確立している。
1468年、世祖は51歳で世を去った。王になりたいという野心を実現させた彼は、理性と暴虐の二面を持つ奇怪な王だった。

文=慎虎俊(シン・ホジュン)

最高実力者になった李成桂(イ・ソンゲ)!朝鮮王朝全史1

朝鮮王朝の悲劇の王「端宗(タンジョン)」の最期とは?

光宗(クァンジョン)はどんな王だったのか/三国高麗国王列伝8

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る