『テバク』の中盤では粛宗(スクチョン)の後継者争いが描かれる!

 

ドラマ『テバク』では、19代王・粛宗(スクチョン)とその王子たちのことがよく扱われている。歴史の事実を見ていくと、その時期の朝鮮王朝はどんな情勢になっていたのか。現実の世界を見てみよう。

『テバク』ではチェ・ミンスが粛宗を演じた

一筋縄ではいかない王

ドラマ『テバク』では、第9話からイ・ジェヨンが演じる金昌集(キム・チャンジプ)という人物が登場する。
彼は領議政(ヨンイジョン)という朝鮮王朝の総理大臣を務めた大物で、『テバク』では清国に使節として派遣されていて帰国したという設定になっていた。それは史実に合ったことである。




この金昌集は老論(ノロン)派の重鎮だった。当時、老論派はヨニングン(淑嬪〔スクピン〕・崔〔チェ〕氏の息子)を後押ししていた。
一方、少論(ソロン)派は景宗(キョンジョン/張禧嬪〔チャン・ヒビン〕の息子)を支持していた。こうして、粛宗の後継者争いの中で老論派と少論派は激しく対立していたのである。
ただし、ヨニングンにとって金昌集の存在は大きかった。彼が粛宗の信頼を得ていたからである。
一方、粛宗は一筋縄ではいかない王であった。彼は、自分の後継者として景宗では物足りないと思っていた。
それだけに、弟とはいえ、まだヨニングンや延齢君(ヨンニョングン)にも王になるチャンスがあった。
ちなみに、延齢君は粛宗が寵愛する側室から生まれた王子である。景宗やヨニングンから見れば異母弟にあたる。(ページ2に続く)

光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

張禧嬪(チャン・ヒビン)がついに王妃に成り上がった日!

張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る