『イ・サン』が描いた正祖(チョンジョ)と洪国栄(ホン・グギョン)の関係は真実?

側室となった妹

今や、出世を願う官僚たちが洪国栄の前で卑屈に列を成した。そんな身分に祭り上げられた末に、洪国栄の欲望に際限がなくなった。彼はさらなる大望をかなえようと策を弄し始めた。
洪国栄が目をつけたのは、正祖の正妻である孝懿(ヒョイ)王后に子供がいないことだった。彼女は病弱だったので、その後も子供を産める可能性が低かった。
洪国栄は自分の妹を正祖の側室として宮中に送り込んだ。それが元嬪(ウォンビン)・洪(ホン)氏である。
「なんとしても殿下の子供を産め」
洪国栄は妹に厳命していたが、なんでも自分の思いどおりになるわけではない。不幸なことに、元嬪・洪氏は側室になって1年ほどで亡くなってしまった。
実の妹があまりに突然に世を去り、洪国栄は自責の念にかられた。




<妹を宮中に送り込んだばかりに……>
哀れな妹を思って、洪国栄は号泣した。
やがて涙が涸〔か〕れてくると、彼の心に疑念が生まれた。
<なぜ、あんなに元気だった妹が突然死んだのか。もしや……>
疑念はどんどんふくらみ、やがて一人の女性に行き当たった。
<中殿(チュンジョン)の指図によって毒殺されたのでは……>
中殿とは王妃のことである。具体的には孝懿王后を指している。
一度そう思うと、その疑念は強迫観念となって洪国栄の心を苦しめた。ここに至っては、洪国栄も完全に冷静さを失っていた。(ページ3に続く)

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

イ・サンは本当に毒殺されたのか

正祖(チョンジョ)の宿敵だった貞純(チョンスン)王后/悪女たちの朝鮮王朝2

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る