正祖(チョンジョ)の宿敵だった貞純(チョンスン)王后/悪女たちの朝鮮王朝2

断食をして抵抗

思悼世子は父の英祖と不仲だった。さらに、官僚たちの主流派閥になっている老論派からも嫌われていた。
その現実を見逃さず、貞純王后も思悼世子の排斥に動いた。そこには、貞純王后の父の影響も及んでいた。父は思悼世子を批判する老論派の一員だったのだ。
父から指図されることも多かったのだろう。貞純王后は思悼世子の素行を歪めて英祖に伝える役目を果たした。まだ王妃になって日が浅かったが、貞純王后が尾ひれをつけて話す思悼世子の非行は、英祖の不信感をさらに増幅させた。
結局、思悼世子は周囲から「封じ込め」にあったような形となり、1762年、英祖によって米びつに閉じ込められて餓死した。
思悼世子を追い詰めた老論派は、その息子だった正祖(チョンジョ)の即位を邪魔し続けた。




しかし、この工作は功を奏さず、1776年に正祖が22代王として即位した。彼は、父の死に関係した者たちを次々に処罰したが、貞純王后への対応には苦慮した。本来なら、真っ先に処罰したい相手だった。しかし、形式的には祖母に当たる。朝鮮王朝が国教にしていた儒教では「孝行」こそが最高の徳目になっており、民衆に範を示すべき王が祖母を処罰するということは、倫理的に難しいことだった。
実際、貞純王后は処罰に抵抗して断食を行なった。
このあたりは、貞純王后がうまく立ち回ったと言わざるをえない。王の祖母がそこまで直接行動を起こせば、官僚たちの間でも動揺が広がる。儒教的な価値観に基づいて、「祖母に断食までさせる王はいかがなものか」という論議が活発になるのは当然のことだった。そんな状況の中で正祖が貞純王后を処罰するのは難しい。激しく抵抗する祖母を不問に付すしかなかった。
即位早々でまだ政治基盤の弱い正祖としては、やむをえないことであった。父の死を思うと、さぞかし無念であっただろうが……。
機先を制した貞純王后の勝ちである。彼女はこのとき31歳。政治的に勘が鋭い女性であったことは間違いない。(ページ3に続く)

悪の手先「鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)」!悪女たちの朝鮮王朝1

英祖〔ヨンジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝4

正祖(チョンジョ)/朝鮮王朝おどろき国王列伝5

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る