王の毒殺に関わった文定(ムンジョン)王后/悪女たちの朝鮮王朝4

 

11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室だった文定(ムンジョン)王后。彼女は自分が産んだ慶源大君(キョンウォンデグン)を王にするために、手段を選ばぬ悪行を重ねていた。特に、中宗の二番目の正室が産んだ12代王・仁宗(インジョン)の暗殺を狙った(文定王后については、韓国時代劇の史実とフィクションの違いを解説した康熙奉〔カン・ヒボン〕著・実業之日本社発行の『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』で紹介しています)。

Af4mrJ_DEkn2c341502957015_1502957042

文定王后を訪ねた仁宗

中宗は1544年に56歳で世を去った。中宗の後を継いで仁宗が即位した。
1545年6月17日、側近が仁宗にこう伝えてきた。
「大妃様(文定王后)から、明日昼の祭祀が終わったら挨拶に来てほしいというお言葉がございました。殿下の体調が良くないようでしたら、陽気がとても暑いので、ご無理をなさると重病になるかもしれません。お控えになさったほうがよろしいのではないでしょうか」




仁宗は返答した。
「体調は大丈夫だ。たとえ暑くても、祭祀をやめるわけにはいかない。息子として、せねばならないことが長くできなかったので、随分と悲しい思いをしていた」
翌日、仁宗は祭祀を済ませて文定王后を訪ねた。その際に餅を勧められた。仁宗はそれを食べながら、文定王后としばし世間話をした。
それからしばらくして、仁宗は下痢に悩まされるようになった。(ページ2に続く)

悪の手先「鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)」!悪女たちの朝鮮王朝1

仁宗(インジョン)!毒殺された可能性のある王

明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る