光宗(クァンジョン)はどんな王だったのか/三国高麗国王列伝8

孤高の王

最終的に光宗は、亡き兄・定宗の息子を手にかけ、自分の1人息子にまで疑いの眼を向けるようになってしまった。
こうなると、もはや「裸の王様」であった。離れていった人々の心は、再び帰ってこなかった。
晩年はさぞかし、心苦しい日々が多かったことだろう。
歴史的にみると、光宗には2つの顔があった。




王権を強化して政治改革を断行した名君……。
逆らう者を粛清し続けた恐怖政治の主……。
果たして、どちらが本当の光宗であったのか。
おそらく、両方とも光宗の本性だったに違いない。あまりに能力が高すぎるがゆえに、光宗は「唯我独尊」で行くしかなかったのだ。彼に悔いがあるとすれば、自分を制御できなかったことではないのか。
そういう意味で、光宗は孤高の王であった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

https://goo.gl/nMg7Lc

イ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)はどんな人だったのか?

孝明世子(ヒョミョンセジャ/名はイ・ヨン)に代表される「世子」とは何か?

https://goo.gl/qYWKqK

光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

 

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る