光海君(クァンヘグン)を支えた金介屎(キム・ゲシ)/悪女たちの朝鮮王朝3

 

朝鮮王朝時代に「悪の女官」の代名詞になったのが金介屎(キム・ゲシ)だ。彼女が仕えた王は15代王・光海君(クァンヘグン)。彼は、自分が王位に上がる過程で、実兄の臨海君(イメグン)、異母弟の永昌大君(ヨンチャンデグン)という2人の兄弟に勝たなければならなかった。それだけ骨肉の争いが激しかったのだが、光海君の陰で暗躍したのが金介屎だった。

OZWmblm6bEiufNm1502956936_1502956974

恐るべき策略家

金介屎は、10代王・燕山君(ヨンサングン)を悪の道にひきずりこんだ側室の張緑水(チャン・ノクス)とよく比較されるが、存在感はまるで違う。張緑水は歌と踊りに優れていたとはいえ、政治的には戦略を持たないただの浪費家にすぎなかったが、金介屎のほうは、機を見て敏に動ける恐るべき策略家だった。
光海君を裏で支えた金介屎だが、側室になっていない。出身が奴婢であったし、容姿も劣っていたと言われている。韓国時代劇『宮廷女官キム尚宮』では、イ・ヨンエが金介屎に扮していたが、あれほどの美人女優に演じてもらって一番驚いたのが、草葉の蔭の金介屎本人であろう。




彼女は幼い年齢で王宮に入り、一時は世子の女官となって光海君に頼りにされ、後に14代王・宣祖(ソンジョ)に抜擢されて側で仕えた。その理由は、文書の扱いが卓越していたからだ。よほど頭脳が明晰であったのだろう。
宣祖は最初の正妻だった懿仁(ウィイン)王后との間に子供をもうけることができなかった。彼は朝鮮王朝で最初の庶子出身の王である。つまり、側室の子供だった。それだけに、自分の代では正室が産んだ息子をぜひ後継者にしたいと考えていたが、懿仁王后との間ではそれを果たせなかった。やむをえず、側室が産んだ長男・臨海君と二男・光海君のどちらかを世子に指名しようとした。(ページ2に続く)

粛宗(スクチョン)に愛された張禧嬪(チャン・ヒビン)/悪女たちの朝鮮王朝2

光海君(クァンヘグン)!暴君の汚名を着せられた隠れた名君

仁穆(インモク)王后!光海君への復讐に燃えた王妃

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る