善徳(ソンドク)女王/三国高麗国王列伝4

第4回 新羅初の偉大な女王

新羅(シルラ)で、女性として初めて王となった善徳(ソンドク)女王。彼女の父親は、26代の真平王(チンピョンワン)だ。その真平王に息子がいなかったこともあって、善徳女王が即位したのだが、彼女はいったいどんな女性だったのだろうか。

★12_11

唐の冷たい対応

新羅の27代王として即位した善徳女王。大きな功績を残しており、国民たちから絶大な人気を誇る女王だった。
三国時代の一大勢力として、新羅は高句麗や百済と激しい争いを繰り返していた。高句麗や百済より優位に立とうと考えていた善徳女王は、中国大陸の大国である唐と友好関係を築こうとした。しかし、唐の対応は「女性が王になっているから周りの国から馬鹿にされるのだ、こちらの王族を送るからその者を王にしたらどうか」という冷たいものだった。




善徳女王は、その申し出を受け入れず、新羅の人材を生かして戦うことを決めて、金庾信(キム・ユシン)という若者を大将軍に任命した。それが644年である。金庾信は見事に女王の期待に応えて、新羅の軍事力を飛躍的に向上させた。(ページ2に続く)

簡潔に読む!韓国の歴史〔善徳女王の生涯(前編)〕

奇皇后と善徳女王はどこが違っていたのか

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る