金首露(キム・スロ)/三国高麗国王列伝2

第2回 製鉄技術を持った強国伽耶を率いた初代王

高句麗(コグリョ)・百済(ペクチェ)・新羅(シルラ)が覇権を争った三国時代。その三国に続く勢力を持っていたのが、小国の連合体である伽耶(カヤ)だ。伽耶については史実上、謎が多く、その初代王・金首露(キム・スロ)にしても神話的な要素が強い。歴史的な資料が乏しく、史実と神話の境界があいまいなのだ。金首露はいったどんな王だったのか。

4849re

伽耶に落ちた奇跡の卵

彼の生誕にまつわる神話は、次のようになっている。
小さな部族の集合体だった伽耶には、国を統治する王がおらず、9人の部族長たちが地域を治めていた。彼らは毎年3月になると、伽耶の聖地である金海(キメ)にある亀旨峰(クジボン)に民を集め、祭事を行なった。祭事では、みなが天に向かってこう合唱した。




「私たちを統(す)べる王をください」
毎年行なわれるこの行事に天界もうんざりしていた。ある年、いつものように合唱を行なうと、亀旨峰に向かって空から紫色のひもが垂れてきた。ひもの先には赤い絹に包まれた黄金の箱が掛かっていた。その箱を開けると、中には黄金の卵が入っていた。伽耶の民は、最初は驚いたが、すぐに歓声をあげて空から落ちた奇跡の卵を崇拝した。(ページ2に続く)

広開土大王(クァンゲトデワン)/三国高麗国王列伝1

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

奇皇后と善徳女王はどこが違っていたのか

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る