悪の手先「鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)」!悪女たちの朝鮮王朝1

いったい誰が犯人なのか

当時の文定王后は、自分の産んだ慶源(キョンウォン)大君を王にするために、手段を選ばぬ悪行を重ねていた。特に、中宗の二番目の王妃が産んだ世子(王の後継者)の暗殺を狙っていた。
他にも文定王后には標的がいた。それは、中宗がもっとも気に入っていた側室の敬嬪(キョンビン)・朴(パク)氏だった。彼女は福城君(ポクソングン)という中宗の息子を産んでいる。文定王后が実子を王に就かせるためには、世子の他にも敬嬪・朴氏とその息子を排除しなければならない。その過程で1527年に起こったのが「灼鼠(しゃくそ)の変」である。
この事件は、本当に奇怪なものだった。世子の誕生日に、東宮の庭にあった大木の枝に、焼かれたネズミの死骸が掛かっていたのである。それだけではない。大殿(王の居室)の近くでも同様の死骸が発見された。




王宮の2カ所で見つかった焼かれたネズミ。それにはどんな意味があったのか。実は、世子はネズミ年の生まれだった。焼かれたネズミは、あたかも世子の悲しい運命を暗示しているかのようだった。
王宮で起こる呪詛(じゅそ)事件は、呪いをかけた物を地中に埋めるという方法がほとんどだった。焼かれたネズミを木の枝にぶらさげるという大胆な手口は珍しく、それだけ王宮内に与えた衝撃は大きかった。
すぐに犯人探しが始まった。(ページ3に続く)

粛宗(スクチョン)に愛された張禧嬪(チャン・ヒビン)/悪女たちの朝鮮王朝2

仁粋(インス)大妃の脅迫!朝鮮王朝の重大な事件簿3

張禧嬪(チャン・ヒビン)の死罪!朝鮮王朝の重大な事件簿6

明聖(ミョンソン)王后の溺愛!朝鮮王朝の重大な事件簿12

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る