奇皇后の生涯!高麗王朝の怪女(後編)

 

中国大陸では、すでに元の国力が衰退していた。各地で農民たちの反乱も起き、元はまともに鎮圧する力も失っていた。このように元が弱くなると、高麗王朝での奇一族の立場もガラリと変わっていった。

奇皇后

わが子の皇位継承に執着

高麗王朝31代の恭愍王(コンミンワン)は様々に画策し、奇轍(キ・チョル)が反乱の汚名を着せられて処罰された。
奇轍の死を知った奇皇后は、兄のかたき討ちを誓って軍を高麗王朝に送った。しかし、すでに元の軍は弱体化しており、高麗王朝軍に大敗してしまった。
奇皇后はもっと現実を知るべきだった。




すでに往時の栄光を失っていたのである。
しかし、奇皇后は目先しか見ていなかった。彼女は皇帝のトゴン・テムルに対し、わが子のアユルシリダラに皇位を譲ることを強制した。
奇皇后には勝算があった。
自分を寵愛するトゴン・テムルが言うことを聞くと思い込んでいたのだ。しかし、トゴン・テムルは拒絶した。(ページ2に続く)

奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

『奇皇后』に登場するワン・ユのモデル「忠恵王」は暴君?

『奇皇后』のタファンはトゴン・テムル(順帝)がモデル!

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る