奇皇后の生涯!高麗王朝の怪女(中編)

ついに息子が皇太子に!

皇帝の息子を産んで、奇皇后も強気になった。
もともと欲が深い女性だった。彼女は高龍普と結託して皇室の財政を手中に収め、政治にも介入するようになった。
最終的には政権の人事権を握った奇皇后。同郷の宦官を軍事の最高責任者に任命することで、強力な武力までその手に納めた。
そんな奇皇后が一番願ったのは、わが子のアユルシリダラを皇太子にすることだった。しかし、これは難題だった。




なにしろ、正室のバヤン・フトゥクの目が光っていた。側室に過ぎない奇皇后の息子を皇太子にすることは重臣たちが許さなかった。
しかし、すでに元で権力を握り始めていた奇皇后は、出世欲にかられた重臣たちを1人ずつ取り込み、用意周到に自分の味方を増やしていった。
そして、1353年にアユルシリダラは皇太子に任命された。(ページ3に続く)

奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

『奇皇后』に登場するワン・ユのモデル「忠恵王」は暴君?

『奇皇后』のタファンはトゴン・テムル(順帝)がモデル!

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る