奇皇后の生涯!高麗王朝の怪女(前編)

正室の嫉妬が激しかった

奇皇后が貢女として元に行ったのは1333年と言われている。
彼女の美貌を、高麗出身の宦官(かんがん)だった高龍普(コ・ヨンボ)が見逃さなかった。
高龍普は、奇皇后を皇室付きの女性として推薦することで、自分も有利な立場になろうと考えた。
高龍普の狙い通り、奇皇后の美貌は12代皇帝トゴン・テムルの心をつかんだ。彼は奇皇后をとても気に入り、すぐに側室にした。
しかし、奇皇后には恐ろしい敵がいた。それは、トゴン・テムルの正室のタナシルリだった。彼女は異様なほど奇皇后に嫉妬した。




こうなると、奇皇后の立場も危うくなる。よほどうまく立ち回らないとタナシルリに排除されるのが目に見えていた。
タナシルリは元の重臣のエル・テムルの娘である。
家柄の良さで皇后の座に就くことができたのだが、タナシルリ自身の立場も万全とは言えなかった。なぜなら、エル・テムルとトゴン・テムルが激しく対立するようになってしまったからだ。
そんな状況もタナシルリの心を不安定にさせた。彼女は皇帝の寵愛を受ける奇皇后を激しく憎んだ。
(中編に続く)

文=慎虎俊(シン・ホジュン)+「歴史カン・ヒボン」編集部

奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

『奇皇后』に登場するワン・ユのモデル「忠恵王」は暴君?

『奇皇后』のタファンはトゴン・テムル(順帝)がモデル!

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る