『奇皇后』に登場するワン・ユのモデル「忠恵王」は暴君?

哀れな最期

慶華王妃が元の名家出身だったこともあり、この出来事は大問題となり、忠恵王は再び廃位にさせられた。
さらに、彼は罪人として元に連行されてしまった。
忠恵王には重い処罰が下されるはずだったのだが、彼は元で勃発した大規模な内乱を利用して、元から逃亡した。
そして、再び高麗王朝の王に復位した。




しかし、度重なる不祥事を起こす王を誰も認めなかった。
結局、忠恵王は1343年に完全に王位を剥奪されて配流となり、流刑地に向かう道程で息絶えた。
なんとも、哀れな最期であった。
確かに、復位と廃位を繰り返す姿はドラマ『奇皇后』の中のワン・ユとよく似ている。しかし、ワン・ユは確固たる意志をもって復位を目指したのであり、その点では史実の忠恵王とはまったく違っていた。

文=慎 虎俊(シン ホジュン)

黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女物語1
https://goo.gl/GRFXrW

悪女と言えば張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝悪女列伝5
https://goo.gl/LRSwB8

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)の激闘1
https://goo.gl/uZrRCx

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る